池袋で繰り返された高齢者ドライバーの暴走!理不尽な事故の犠牲になる若い命

全くやるせない…東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し、通行人を次々とはね、10人を死傷させる事故が起こった。

2人が亡くなるという最悪な事態となり、横断歩道を渡っていた31歳の母親と、3歳の娘が犠牲に…まさに言葉にならないほどの痛ましい事故である。

繰り返される高齢ドライバーによる事故

たびたび繰り返される高齢者ドライバーによる事故だが、昨年にもこういった事故があった。

9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があり、はねられた2人は意識不明の重体となっている。

この事故を起こしたのも85歳という高齢の男性だった。この男性は認知機能検査を経て、事故が起こる前年に免許の更新を行っていたという。

だが、男性の家族は「壁をこするなどの小さな事故を何度も起こしていたため、免許を返納するよう家族で促していた」と話しており、危険があることを認識していたのに運転を止めさせることが出来なかったのだ。

相手がいないまでも、自身の車を傷つけるなどの異変はあったのにだ…

結局、こういった家族や、記録に残らないような危険な兆候があったにも関わらず「認知機能検査」だけで「スルー」される免許の更新など、無責任の積み重ねがこのような悲劇に繋がるのだ。

残酷だが「事故原因=年齢」という現実

この前橋で事故にあったのは、通学途中だった16歳と18歳の女子高校生。

そして先日の池袋の事故では、幸せの真っ只中にいる若い家族が被害にあっている。

共に加害者は80代も半ばを過ぎた、一般的にも後期どころか超が付く高齢者と言ってもいい年齢だろう。

目立った持病なども確認されていない。原因が判然としない中、川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」などと供述している。

出展:産経新聞

東京・池袋の事故で乗用車を運転していた87歳の男性は「アクセルが戻らなくなった」と説明している。

出典:共同通信

結局は、どちらの証言も要は「自分では何が起きたか分かっていない」ということだ。

年齢的なことを考えれば、持病なんかなくても身体的にいつ何が起こってもおかしくはない。検査で認知機能に問題がないと言われても、確実に衰えや狂いはある。

事故原因にこれほど加害者の証言があてにならないものはない。

なぜなら、85や87歳という高齢者が「子供の行きかう道路」や「車や人の多い都会」で車を運転していたという事実こそが、事故の大きな要因であることは誰の目にも明らかなのだ。

農作業の為に、誰も通らない農道を運転しているのとはわけが違うのだ。

事故は起こってからでは遅いという認識を

高齢者の運転に、その家族がどれほどの危険を感じるかだが「もうそろそろ」なんて思っているうちに、危険は迫っており、重大な事故がいつ起こってもおかしくはない状態だったと言うことを認識するべきだろう。

それだけ「車」というものは危険であり、細心の注意が必要なもの、そういった認識を本人は元より、周囲が感じるべきだろう。

だが、なかなか家族の指摘だけでは、免許証の返納や、車を手放すまでに至らないケースも多く、やはり行政で「NO」を突きつけなきゃいけない場合もある。

それでも、現在は80歳を超える高齢者であっても、簡単な「認知機能」の検査だけで、更新させているのが現状なのだ。

運動機能、動体視力、空間認識、持病(血圧など)これら、80歳も超えてくれば、本人の自覚する以上に、さまざまな機能に衰えは出てくるもので、認知機能だけで運転に支障がないと考えるのは危険だろう。

ある程度年齢で区切らないといけない所まで来ているのかもしれない。

◇  ◇  ◇

若い人の命が失われれば、将来に出来るであろう子や孫ということまで考えると、失うのは被害者だけではないということ。

それだけ重大であるにも関わらず、もはやこれほどの高齢者を罪に問うたとしても、それを償う時間さえほとんど残されていない年齢であり、悔やんでも悔やみきれない、まさに理不尽すぎるのが高齢者ドライバーによる事故なのだ。

とにかくこのような事故は、被害者のことを思うと本当に居たたまれない。

社会は高齢者に優しくあるべきだとは思う。だが優しすぎる(寛大)というのも考えものだ・・・

       

記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

Netsqueakの更新情報をチェック

関連記事

最新記事

  1. 2019-8-22

    超人?いきなりお爺ちゃん?監視カメラに映った思わず笑っちゃう歩き方の訳

  1. 『集団左遷!!』福山雅治がキモいおじさん?「顔芸、下手」の声も新境地の開拓へ

  2. 魔性を否定した山里に蒼井優が浮かべた涙…結婚会見で見た心が通った瞬間に納得

  3. 企業コラボCMが楽しい!映画『天気の子』未完成で試写会なしでも膨らむ期待感

  4. ついに当選!マック赤坂が港区の議員に!何者?奇抜な政見放送は密かな人気?

  5. GLAYのTERUが謎の顔面やけど?25周年公約発表を突然欠席!理由に憶測を呼ぶ

  6. B’z稲葉さんがGWの渋谷で自撮り!オーラを消して人混みに溶け込む姿に驚き!

  7. 【大人の塗り絵】いずれは風景画?始めるなら道具から!まずは色鉛筆を選ぼう

  8. 休業中の元℃-ute岡井千聖に不倫報道!相手の競輪選手は家族崩壊?復帰は絶望か

  9. 写真よりも綺麗?これが絵だなんて信じられない!驚くべきスキルに羨望の眼差し

  10. 日本と韓国の違い|外国人が暮らして肌で感じた差とは?住むならどっちを選ぶ?

ページ上部へ戻る