ユーザー悲鳴「そのスマホ、もしかしてファーウェイ?」5G覇権争いで広がる被害

Huawei Japan

現在、アメリカと中国が繰り広げている貿易戦争。発端はアメリカの膨らみ続ける貿易赤字を問題視するトランプ政権が、その多くを占める中国に対しけん制をする形で始まり、関税の引き上げを武器に中国と交渉。

反発する中国となかなか折り合いが付かないというのが現在の状況だ。

ただ、こういった貿易摩擦も、本質は次世代の通信技術である「5G」に関連する「IT覇権争い」だという見方が強く、実際に中国の通信大手『ファーウェイ(HUAWEI)』 製品を排除したいというアメリカの思惑が現実化してきている。

次世代通信技術「5G」をめぐる攻防にアメリカの焦り…

アメリカが懸念しているのは「5G」をめぐるネットワーク技術や規格を中国に握られること。すでに、それを主導するファーウェイの通信設備の導入が新興国を中心に広がりつつあり、その勢いに中国式の規格が世界基準になる恐れが出てきた為、焦ってきたアメリカは同盟国を巻き込んでファーウェイ製の排除に動き出した。

なぜアメリカは「5G」で中国を恐れるのか。

5Gは、単なる通信施設ではなく、工場の自動化、自動運転、遠隔医療など、IoT(モノのインターネット)時代の社会基盤になる可能性があると言われる。いわば、次世代の産業の主導権を握るものなのである。新たな技術革命とも言え、5Gを制するものが世界を制すると言っても過言ではない
出典:ますます先鋭化、5Gをめぐる米中の争い – WEDGE Infinity

確かにこれらを考えると、いわゆる西側諸国が中国のような共産主義国家に社会の根幹を支配されるのではないかとの危機感を持つのは良く分かる。

ただ、中国は欧州にも経済的に影響力を持つため、必ずしもアメリカに歩調を合わせるような動きにならないところが悩ましいところだろう。

ユーザー困惑!?一般製品にまで及ぶ国家の覇権争い

中国メーカーのスマートフォンなど、製品に関しても常に「バックドア」(データ収集)の疑いがくすぶっていることから、アメリカが政府関係者の使用を禁止するなど、警戒を強めていることはニュースで報道されたが、その時点では、先の5Gにしてもあくまで技術や設備の話であり、一般ユーザーにはあまり関係のない話で、影響は限られていると思われていたが・・・

Embed from Getty Images

ファーウェイを事実上の貿易ブラックリストに加えた米大統領令を受けて、Googleが同社に対して自社サービスや技術サポートの提供および協力の停止を検討していると報じられています。
出典:ファーウェイ製品、Androidのサポート中止か。Googleが検討中とロイター通信が報道 – HUFFPOST

それまでの、ファーウェイに関するネガティブなニュースに一般ユーザーは関係ないだろうと思いつつも、全く気にならないわけではなかったはず。

だが、先日飛び込んできたこの衝撃的なニュースで市場には動揺が広がっている。それは端末がどこの製品であれ、中身がGoogleだから問題なく使えるわけで、パソコンでいえば「Windowsが使えなくなるよ」と言われるようなものだからだ。

その端末を動かすOSの使用、またはサポートが保障されなくなるかもしれないとなると、それこそ何万も出して購入した端末がゴミ同然になる可能性もあるため、突然ユーザーを不安にさせたGoogleに対しても疑問の声は多い。

それもあってか、Googleはすぐに火消しに走っている。

これによると、同社が米政府のすべての命令を遵守している間も、すでに存在しているファーウェイ端末でGoogle PlayやGoogle Play上でのセキュリティー機能といったサービスが機能するとしている。

出典:DIAMOND online

今や世界中でシェアを伸ばし、すでにアップルを抜いて、近いうちにサムスンまで押しのけてトップになるという所まで来ているファーウェイのスマートフォン。

日本でも2,3年くらい前から格安SIMで急速にユーザーを増やし、その認知度の高まりと共にコストパフォーマンスに優れる端末が評価され、今では大手3社のキャリアまでもが取り扱うほどだ。

参考:価格.com

直近の人気ランキングでも上位にはファーウェイの端末が目立つ。

それこそ、ネガティブなニュースが流れる前には上位を独占するくらいの人気と評価を得ていた。

今や「中華スマホ」などと揶揄できないほど、世界では日本のメーカーなんかが足元にも及ばないほどの販売規模を誇っている。

上位機種を見ても、昨年「ライカ」のレンズを搭載し、カメラ性能の評価が高い『P20』は、むしろ積極的に購入したユーザーも多いくらいだ。

世間に広がるネガティブイメージにスマホを見られたくない?

それでも、最もファーウェイが威力を発揮するのは中位から下位機種。

そもそも、ファーウェイがシェアを伸ばすに至った要因は、iPhoneやGalaxy 、Xperiaといった有名ブランドが、ほとんどの人にとっては過剰スペックで、価格も高騰しすぎたことだ。

かといって、低価格のノーブランド品や、日本メーカーの下位機種は価格も抑えられるが、スペックや機能もかなり非力なものとなる。

その点ファーウェイの端末は価格と性能のバランスが良く、かつ評価が高いため、シェアを伸ばしたのは必然だったと言えるだろう。

その努力は認めるべきで、日本のメーカーも見習うべきところだ。

それが、ネガティブな報道によって、ファーウェイのイメージが崩壊、やっと中国メーカーだということを意識しなくなるほど端末の魅力が勝るようになっていたところで起きたファーウェイ排除の動き。

どうせやるなら初めから規制しておけば良かったものの、散々普及してからこうなったことで、一番のとばっちりを受けているのは一般ユーザーだろう。

「あまり見られたくない」
「ファーウェイだと知られたくない」

スマホを購入したユーザーが、こんなことを思うって結構辛い。

そこはアメリカ政府もGoogleも、既存のユーザーにはもう少し配慮があっても良かったのではないかと思う。

しかも、日本ではまだこの程度で済んでいるが、ヨーロッパではさらに波紋を呼んでいるようで、むしろ、中国メーカへの警戒感のみならず、脱アメリカ、脱Googleという動きが出てくる可能性さえあると報道されている。

Googleのファーウェイ制裁参加で欧州にショック拡大中、脱米模索も
出典:TechCrunch Japan

要はアメリカだけに追従するのも、中国を信用するのもリスクと言うわけだ。

結局こうなると、覇権主義はアメリカも中国もお互い様といったところか…

◇  ◇  ◇

アメリカの貿易赤字には、中国に製造工場を持ち、アメリカに輸入している自国企業の利益になっている部分もあることから、関税の引き上げは諸刃の剣だとも言われ、決してアメリカの為にはならないという指摘も多い。

もちろんトランプ大統領は就任当初から、貿易赤字を問題視し、アメリカに工場を作って雇用を生むことが正しいという姿勢を示してきたが、ここに来て貿易戦争の本来の目的が、ファーウェイを中心とした中国の「IT企業」を叩くことなのでは?という見方が浮上した。

当然アメリカの危機感は日本を始め、先進国は共有するべきだとは思う。

ただ、家族や親戚にファーウェイのスマホを薦めたこともあるし、実際に使っている人を何人か知っている身としては、なんだか心が痛いというか…

純粋に性能の良さと、コスパは評価できるだけに、このままライトユーザーの選択肢が消えてしまうのかと思うと残念というか、なんとも複雑な思いで事態を見守っている・・・

       

記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

Netsqueakの更新情報をチェック

関連記事

最新記事

  1. 2019-8-22

    超人?いきなりお爺ちゃん?監視カメラに映った思わず笑っちゃう歩き方の訳

  1. EXIT兼近はギャップ萌え?チャラ男なのに好印象!秘密は苦労も笑い飛ばす人間力

  2. 池袋で繰り返された高齢者ドライバーの暴走!理不尽な事故の犠牲になる若い命

  3. 座敷わらしもドン引き?原田龍二の不倫に女性が激しい嫌悪感!袴田とは違う?

  4. あの娘は誰?pino(ピノ)CMで注目『鳴海唯』と話題のストロベリームーンとは

  5. 【野田女児虐待事件】母親の「告げ口」発覚!無責任の連鎖が招いた悲劇に怒り

  6. 狙っている女は他にも?オードリー春日に二股疑惑!美談プロポーズの裏で何が

  7. 【大人の塗り絵】いずれは風景画?始めるなら道具から!まずは色鉛筆を選ぼう

  8. 白いBMWは試乗車?女がガラケー撮影? 常磐道で暴行あおり運転の不可解な犯人

  9. タピオカを文化として根付かせたい!台湾では朝食?1日3杯?素人のデマに困惑

  10. ついに当選!マック赤坂が港区の議員に!何者?奇抜な政見放送は密かな人気?

ページ上部へ戻る