NGなし?朝日奈央のすっぴんがイケメン!Mattの完璧メイクとの対比が面白い

元アイドリング!!!で、現在は芸人顔負けの身体を張った前のめりな姿勢が「NGなし」と言われ、 次世代の女性バラエティタレント(バラドル)として注目を集める朝日奈央(25)。

そんな彼女のすっぴん姿がバカリズムのインスタグラムに投稿され「最高!」「かっこいい」と評判だ。

一方バッチリメイクでお馴染みのMattの相変わらずな自撮り。上の画像は、この2つを話題にした記事が某ニュースサイトに「おすすめ」として並んで表示された時のもの。

そのノーメイクの女性と、バッチリメイクの男性という、逆転現象というか対比がなんとも面白く、思わずスクショしてしまった!

すっぴんの女性?バッチリメークの男性?美とは何か…

美への意識は女性の方が高いというのは今も昔も変わらない現実だが、時代と共に男性が美容に気を使うようになってきたのも事実。

そんな男性の美への追求が、Mattのようなキャラクターを生む世の中になったわけだが、一方で「美とは何か」という議論は尽きない。

自然のままが良いのか、それとも・・・

それこそ年齢を重ねれば、老いに逆らうのが良いのか、従うのが良いのか・・・人間の永遠のテーマといっていいだろう。

朝日のすっぴんに「最高!」やっぱり男はすっぴん好き?

朝日奈央は13歳から21歳までの多感な時期をアイドリング!!!というフジテレビ発のアイドルグループの2期生として活動。

バカリズムは同グループ名のバラエティ番組で司会を務めており、彼女のキャラクターを知り尽くした、いわば師弟関係にあることから、このような朝日のすっぴんは、まさにバカリズムだからこそ撮れた姿だろう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

バカリズムさん(@bakarhythm)がシェアした投稿

最近めっきり大人っぽくなっていた朝日だが、アイドリング!!!時代から知っているファンは「あの頃のわんぱくだった朝日が ・・・」と、親心として少々寂しい思いもあったはず。

そこで公開された「すっぴん姿」は、あの時の朝日を思い起こさせ、変わらないバカリズムとの関係性も微笑ましく感じるものだった。 また、最近のファンにもNGなしタレントとしての堂々たる「イケメンっぷり」の披露は好評だ。

究極の美?Mattの進化が止まらない

元プロ野球選手の桑田真澄の次男としてテレビ出演し、ホリの深い目元と、まるでハーフのような出で立ちに一躍注目を集めたMatt。

一時期メディアへの露出も減っていたが、最近は再びテレビにも出演するようになり、その姿を見た視聴者からは「進化が凄い」と話題になっている。さらに公式ブログも新たに開設され、今後の活動が注目される。

すっぴんの朝日(女性)に親近感が沸き、どこか別世界にいるかのようなMatt(男性)の姿。

改めて「美」の感じ方は「人それぞれ」だと言うことを実感した。

好きか嫌いかでしかない。要は正解が無いと言うことなのだろう・・・

       

記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

Netsqueakの更新情報をチェック

関連記事

最新記事

  1. 2021-4-15

    内村光良と吉高由里子が上司と部下のコメディ?CM初共演も同じ誕生日で親近感

  1. 【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は?必要以上に怖がらない為の知識

  2. 休業中の元℃-ute岡井千聖に不倫報道!相手の競輪選手は家族崩壊?復帰は絶望か

  3. NGなし?朝日奈央のすっぴんがイケメン!Mattの完璧メイクとの対比が面白い

  4. 詐欺グループの闇営業に宮迫とロンブー亮も…入江を解雇してトカゲの尻尾切り?

  5. ユーザー悲鳴「そのスマホ、もしかしてファーウェイ?」5G覇権争いで広がる被害

  6. あの着物美人は誰?シャディのCMでカーリングする『朝倉あき』の横顔に釘付け

  7. B’z稲葉さんがGWの渋谷で自撮り!オーラを消して人混みに溶け込む姿に驚き!

  8. サガン鳥栖が早くも崖っぷち?トーレスの現状を対戦相手も心配?クラブも大赤字

  9. 【大人の塗り絵】いずれは風景画?始めるなら道具から!まずは色鉛筆を選ぼう

  10. 社長のカオス会見で吉本芸人の不満爆発!改革で松本と加藤が対立?いったい何が

ページ上部へ戻る